リビングにおいても自然でおしゃれ。野田琺瑯(ホーロー)の米びつを使うことにしました。

野田琺瑯の米びつ

私の実家は米農家。
お米が収穫されると、大量に送ってもらえるありがたい環境です。一度に10〜15kgくらい、お米を仕送りしてくれます。

15kgともなると、冷蔵庫のスペースを圧迫するので、リビングに置いておける米びつを買うことにしました。

野田琺瑯の米びつを購入しました

購入したのはホーロー製の米びつ。

米びつ

もともと琺瑯製品を好んで使っていたこともあって、ここはシンプルに野田琺瑯の米びつ(ラウンドストッカー)にしてみました。

なかなか値が張るので若干、躊躇しましたが、米びつは一度買ったら長く使うもの。四半世紀は使うつもりで考えて、購入しました。

米びつ選びの時に考えたポイント

わが家で米びつを検討するときに、考えたポイントがこちら。

  1. リビングにおいても自然でおしゃれ
  2. 密閉でき防虫効果(虫が入らない)
  3. 洗いやすく掃除が楽なもの
  4. 丈夫で長く使える

お米の量が測れるなど、機能を追えば検討することもあったのですが、計量はカップもあるしそこまで必要にならないと思いやめました。

01リビングにおいても自然でおしゃれ

リビングスペースに置いている

賃貸のわが家はキッチンスペースが、ある程度かぎられているため、米びつはリビングスペースに置いています。
沖縄に住んでいることもあって、夏場の湿気がすごいです。マメに目がつく場所に置いておくことで、お米の状況に目が向きやすいメリットがあります。

一方で、目につきやすい場所なので、リビングにおいて悪目立ちしないよう、シンプルなスタイリングのものを選びました。

02密閉でき防虫効果(虫が入らない)

密閉蓋

米びつの蓋をあけると、内側に密閉用のフタがついており、お米に虫が入りにくくなります。
通気性が損なわれがちですけど、お米は毎日食べるものなので、フタも毎日開けます。そこまで気にしていません。

03洗いやすく掃除が楽なもの

掃除しやすい

ホーローという素材は、鉄などの金属素材にガラスを薄く塗ったものです。

なので、汚れがでたときも洗って掃除がしやすいのが魅力です。
酸にも強いので、梅干しや漬物、ぬか床なんかにもよく使われているそうですよ。

04丈夫で長く使える

長く使える

丈夫で長く使えるのも、ホーロー製品の特長です。
戦前からの日本の家庭で活躍しているので、そういった意味でも信頼できる道具かな、と思います。

わが家は一番容量のある27cmタイプ(お米約10kg)を購入して使っていますが、満杯にすると13kgちょっと。
女性一人暮らしだとちょっと重いかも..。

あまり持ち運ぶものでもありませんが、21cmタイプ(お米約5kg)や、18cmタイプ(お米約3.5kg)もあったので、自分にあったサイズを選ぶと良でしょう。

米びつ以外の用途でも使ってみたい

今回買った野田琺瑯の米びつは、「漬物」なんかにも使ってみたいかたちをしています。
ここがぬか床で、キュウリや、白菜、大根なんかが漬かっていたら、、そう思うとよだれが出てきちゃいますね。保存食にはもってこいの入れ物だと思います。

他の用途でも使ってみたくなる、そんな気持ちが出てくる琺瑯の器です。

スポンサーリンク

記事をシェアする

リビングにおいても自然でおしゃれ。野田琺瑯(ホーロー)の米びつを使うことにしました。

Total1share

2,821 views

スポンサーリンク
くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ゆるミニマリストな夫婦が
ムリのないシンプルライフを
ご紹介します
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
夫婦(30代)+子ども(0歳) 3人暮らし。ともに在宅ワーカー。節約生活をきっかけにゆるミニマリストになる。沖縄県在住
プロフィール詳細
×閉じる