40万円安くなった!わが家が実践した節約術

住宅ローン返済で苦労しないために。心にとめておきたいこと

住宅ローンで苦労しないために

住宅ローンを組む = マイホームが手に入る!

ワクワク・ドキドキがたっぷりのマイホーム。
そんなこともあって、住宅ローンはなにかとムリをしがちです。

しかしちょっと待って!

返済で苦労するのは避けたいですよね…

今回は住宅ローン返済で苦労しないために、心にとめておきたいことを3つだけ紹介します。

スポンサーリンク

返済で苦労しないために

01周りを見てもマネはしない

周囲の友人・知人にローン年数や額を聞いてみるのは、参考としては大切です。しかし、そこに自分の基準を見出すのはやめましょう。

なぜなら、お金の状況は個人差が大きいからです。

  • 貯蓄額
  • 収入
  • 社会的立場
  • 現金以外の資産額
  • 周囲の支援者

同じ年齢、性別、家族構成の人がいたとしてもあまりアテにはなりません。

周りがそうだからと、なんとなくローンを組んだ結果、教育費が足りず後悔…なんてことがあり得ます

周囲のローン状況は、参考にしてもいいですが、そのあと、きちんと自分でローンプランを練りましょう。

そのときにライフプランも作っておくと、より具体的に返済計画を考えられますよ。

ライフプランをプロと一緒に考えたいかたは

もし住宅ローンについてプロに相談したいというかたは、ファイナンシャルプランナーに無料相談できる「保険チャンネル」が便利です。

将来のライフプランをもとに、購入可能な住宅の金額の算出、準備すべき頭金や返済計画をアドバイスしてくれますよ。

保険チャンネルをみる

02節約したら買える家は買わない方がいい

生活費を切り詰めたら…買える!

という家は買わない方が良いです。

  • 節約は確実にできる保証がありません
  • 節約はやりくり上手でない限り、日々の生活を辛くします
  • 節約が必要では他のやりたいことができなくなります

身の丈を超える住宅を購入するくらいなら、日々の飲食や休日を充実させた方が人間は幸福になれます

ムリなく返済できる、余裕をもって返済できる家を買うようにしましょう。

031万円単位で住宅費用を節約する

家の話をしているときは額が大きいので感覚が鈍ります。
1000万、2000万単位の話をするので10万円が小さく見えたり、業者さんも5万円を1000円くらいの感覚で扱ったりします。

しかし、実際のローンの返済は日々の生活のなかで生じます

日常の金銭感覚で10万円はどうでしょうか?
大きいですよね?

可能であれば住宅購入時、1万円単位で節約できるところがないか見直すこともやりましょう。

1万円だと業者さんは面倒がったりするかもしれません。
でも家計にとっては大事なお金、チリツモです。

あとあと、自分の財布を助けてくれます

住宅ローンで絶対にムリはしない

月払いにすると似たような印象をもってしまいますが、賃貸住宅とマイホームは大きく違います。

マイホームは建物管理の責任や、ローンの負債を抱えます。
マイホームの場合、建物の値段は手に入れた瞬間から下がりますが、負債は返さない限り減ってはくれません。

これが何を意味するか。

返済が滞ると、建物を売るだけでは返しきれない

つまり、ローンを組む前の状況には簡単には戻せないのです。

住宅ローンは日本のローンのなかでも、とても優しい部類のローンですが、そうだとしてもリスクはあります。

気を抜くことなく、きっちりとムリのないプランで借入をしましょう。

シェアする
閉じる