余った母乳フリーザーパックは捨てないで!粉ミルクの持ち運びに便利ですよ

余った母乳フリーザーパック

出産から月日が経つと、胸も張らなくなって…

搾乳することがなくなりました。

おかげで母乳フリーザーパックが余ってしまった…

母乳フリーザーパックは丈夫な素材でできていて、捨てるのはもったいない。

「なにか良い活用方法がないかな?」と思って、試しに粉ミルクを入れてみたところ、バッチリでした!

スポンサーリンク

そもそも、粉ミルクの小包装が高すぎる問題

粉ミルクの小包装って、高くないですか?

たとえば、こちら。

1袋で200mlのミルクが作れるのですが、1箱にたった5袋しか入ってないんです。

うちの息子(生後7ヶ月)は1日で飲みきってしまう量

それでいて400円もするんですよ。

とてもじゃないけど、粉ミルクを持ち歩くたびになんて買っていられません。

母乳フリーザーパックで粉ミルクを持ち運ぶ

余った母乳フリーザーパック

そこで活躍してくれているのが、余った母乳フリーザーパックなのです。

余った母乳フリーザーパックを破る

粉ミルクをいれるために、チャック上部の切り口をあけます。

余った母乳フリーザーパックに粉ミルクを入れる

あとは1回のミルク量をいれれば、完成です!

ジップロックになっているので、しっかり閉めればこぼれてくることもないですよー。

粉ミルク専用の袋じゃないので、哺乳瓶に入れるときは慎重にやらないとちょっとこぼれますけど、そのネックを踏まえても便利ですよ。

長時間出かけるときは3つ持ち歩いています

ミルク代の節約にもなって、うれしい!

小包装のミルクはさきほどもいったようにわが家には高いので。
いつも缶の粉ミルクを余った母乳フリーザーパックに入れて持ち歩いています。

余計なミルク代がかからず、一石二鳥^^

母乳フリーザーパックは1回だけでなく、繰り返し使うことができるところもいいんですよね。
(さすがに長期間使うのは衛生的によくなさそうですが…)

余っているかたはぜひお試しください。