お知らせYouTubeで暮らし動画を配信中

雑草で土地の確認ができない!どのくらいの斜面になっているのか草刈りをする

この記事は連載です。今までの話をまだお読みでない方は「海がみえる小さな家#1」よりお読みください。

今回は土地の草刈りの話です。

全然役立たない情報ですが…
わが家の思い出話でもあるので書かせてください!

スポンサーリンク

依然、土地の状況がまったくわからない

わたしたちが購入した土地は、もう何年も、何十年も?
放置された土地でした。

現地の土地の様子

実際の現地の様子

サトウキビは生え放題。

土地購入後に、売主さんが測量を依頼してくれて、敷地がどこからどこまでなのか、ようやくわかったような土地です。

それでもまだまだサトウキビでモサモサ。
測量はあくまで敷地範囲をわかるようにするためで、土地のすべてを草刈りしてくれるわけではありません。

これでは設計をお願いするにも現地確認できないような状態です。

すると夫から、

業者さんにお願いするとお金かかるから、俺やるわ

と天の声が。

わたしは妊娠中だったこともあり、

助かる!ありがとう!!

夫に託しました。

そして、夫はホームセンターで買ったカマを片手にサトウキビを刈りに出かけ…

あんな硬いのムリ!
通りすぎのおじちゃんに、「カマじゃムリさー」って言われた

挫折して帰ってきました。

どうやら地元の人に「草刈機でやること」をすすめられたらしいです。

まぁ、それはそうですよね。

ただの草とは違ってサトウキビだし。
(硬いし、根をはっていてとんでもなく強敵)

いくら狭い土地といえど、40坪近くもあるんですから。

カマで草刈りした成果

土地の草刈り

それでも1日かけて頑張ってくれて、手前の方はサトウキビがなくなっていました!

・・・サイズにして1坪分くらいですけど。

もう俺やだー

次は草刈機でリベンジ

そのあとは草刈機でトライ。

草刈機で土地を刈る

夫が再び頑張ってくれて、なんとか土地の主要な部分を見渡せるまでに!

買った草を土地に

これだけ刈ったので、刈った草もモリモリ。

土地の状況を把握できた

これでようやく、設計の提案をお願いするハウスメーカーさんと建築士さんに土地を見てもらえるようになったのでした。

(その2週間後にはまたあっという間にサトウキビが伸びてしまったんですけどね笑)


関連海がみえる小さな家の記事一覧をみる

シェアする
閉じる