お知らせくらのらYouTubeはじめました

売主さんとご対面。正式に土地を買う(契約)

この記事は連載です。今までの話をまだお読みでない方は「海がみえる小さな家#1」よりお読みください。
現地の土地の様子

購入を決めたときの土地の様子

土地をはじめて見に行った日に、購入希望を出したわが家。

それから1ヶ月くらいであれよあれよと話は進み、本当に契約する日が来ました。

今回は購入するまでの流れをお伝えします。

スポンサーリンク

土地を購入するまでの流れ

まずは不動産屋さんと契約

不動産屋さんのおじいちゃん(Sさん)に電話で購入希望を伝えたあと、契約書を事務所へFAXしました。

(おじいちゃんが奥さまとやってる不動産屋さんなのでメールでは対応しておらず…)

後日、土地価格の10%を前金として支払いました。

これで「プレ契約者」ということになり、他の人には買われなくなります。

Sさんがファインプレー

そういえば、Sさんと契約する前。

Sさんから朗報があったんです。

「土地の値段、キリがいいように調整してもらいましたよ」

端数の2万円を売主さんに価格交渉してくれていました。

すっかり価格交渉を忘れていたから、うれしい!

土地だと2万円も、サラッと安くしてくれるんですね。

少しでも安くなると、おトク感がでます(笑)

売主さんとご対面

前金を支払った後日、売主さん(50代くらいの男性)とご対面。

行政書士さんの事務所で、

  • 売主さん
  • Sさん(仲介の不動産)
  • わたしたち夫婦(買い手)
  • 行政書士さん

の4組で集まり、手続きをしました。

売主さんとわたしたちは書類にサイン。
その後、ちょっとした雑談をしました。

もともと、土地の持ち主は男性のお母さんとかなんとか…
代わりに来たようなことを言っていました。

最後に、Sさん確認のもと。
売主さんに土地のお金(前金をのぞいた残り90%)を現金で手渡ししました。(値段が安かったので、手渡しに)

売主さんはそのお金から、Sさんに仲介手数料を支払っていましたが…

仲介手数料って結構かかるんですね汗

わたしたちは負担せず済み、助かりました。

いつか反対に売る側になったとき、
「手数料のこともしっかり頭に入れて価格設定しなくては…」

そんなことを思った手続きでした。

正式にわたしたちの土地になったのは1ヶ月後

契約はほんの1時間で終わったものの。

正式にわたしたちの土地になったのは、1ヶ月後でした。

行政書士さんが登記の手続きをして、それが承認(?)されてからとのことでした。

そして1ヶ月して、晴れてわが家の土地になりました!

自分の土地になってまずやることといえば・・・

そうです。草刈りです!笑


関連海がみえる小さな家の記事一覧をみる

シェアする
閉じる