セゾン投信の定期積立プランで、貯金をはじめました。

セゾン投信の定期積立プランはじめました

「来月はどのくらい収入があるかな…」

個人事業をはじめてから、来月に入ってくる収入さえ、わからないような状況になったわが家。
サラリーマン時代は、ある程度決まった金額が入ってきていたので、お金のやりくりがしやすかったのですが、自営業ではなかなかそう上手くはいきません。

毎月の収入にバラつきがあるため、定期預金のような毎月決まった金額を貯金するということができていませんでした。

「これではいつまで経ってもお金が貯まらない」

今までの家計管理を反省し、気合を入れ直して、セゾン投信の定期積立をはじめてみることにしました。

毎月1回、強制的に積み立てることで貯める!

お金を使ってしまう前に、強制的に積み立てる。

入ってくる収入はわからないけれど、そうすることで、自営業でも毎月決まった金額を貯金していくことはできることがわかりました。

「毎月積み立てるなら、銀行の定期預金がいいかな?」と考えもしましたが、いまの時代、銀行の金利はあってないようなもの。
それなら時間を味方につけてお金を増やしていける投資信託がいいかなと、魅力を感じました。

「投資」と聞くと難しそうで、怖いイメージですよね。
実際、数年前に株式投資にちょっとだけチャレンジしてみたら、数十万円の赤字になって「もうやらない」と決意したことがあります。

そんな私がまた投資に興味を持ったのは、預金感覚で積立てられるからです。

毎日、株価の上下が気になってしまう株式投資とは違い、投資信託は「長い目でみてプラスになっていたらいいや」という感覚でやっているので、心に余裕が持てています。

しかもセゾン投信の積立プランはほったらかしでいいので、特にすることはありません。
だから面倒くさがりな私にもいいんですよね。

家計にムリのない範囲ではじめてみました

投資信託をはじめてから、私が金額の変動にソワソワしないでいられているのには、もう1つの理由があります。
それは、家計にムリのない範囲で行なっているからです。

セゾン投信の場合、積立てられる金額は月5,000円〜
私も5,000円からはじめています。

1年間に6万円と少額の貯金になりますが、強制的に積み立てるのに、金額が大きいのでは続きませんからね。
まずは練習も兼ねて。

このくらいの金額で投資をスタートできるのはありがたいことです。
家計や投資状況をみて、少しずつ金額をあげていければいいなー、と思っています。

まずは少額からでも決まった金額を積み立てることが大事!
長い目でみたときに、「やっててよかった」と思えるよう、これからコツコツ積み立てていくつもりです。

関連月5,000円からの定額積立で貯める!「セゾン投信」の資料請求はこちら

【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事を書いたひと

ピノ子記事数 62本
みなみの家の数字・SEO担当。シンプル生活と節約の研究家。

後回しにしているお買い物はありませんか?