「節約したい!」と思ったときにまず最初にやるべきこと

節約したい

「よーし、節約頑張るぞー!」

意気揚々と節約生活をはじめたものの。

「あれ? 頑張ってるはずなのに、いっこうにお金が貯まらない」

なんてこと、ありませんか?

  • 節約がいつも続かない
  • お金を貯めたいけど、何をしたらいいのかわからない

そんなかた向けに、この記事を書きました。

確実にお金を貯めたいかたにぜひ読んでもらいたいです!

スポンサーリンク

「節約する前」にまずやること

やみくもに節約をはじめると、うまくいかず続かないことが多いです。

わたしもよくそれで失敗を繰り返していました

節約をスムーズに続けられるように、節約をはじめる前にやったほうがいいことを説明しますね。

01現状を知る(家計簿をつける)

まずは現在の状況を把握することからスタートです。

どのように把握するかというと、「家計簿をつける」ことが一番おすすめ。

家計簿のつけかたは色々あります。

  • 家計簿アプリを使う
  • ノート・手帳に出費を書き出す
  • エクセルで自分専用家計簿をつくる

自分にあった方法ではじめてみましょう。

家計簿が続かない!ってかたは、下記の記事を参考にしてみてください

02お金の流れを整える(口座の整理)

次に、お金の流れを整理していきます。

  1. いま持っている口座はいくつある?
  2. 口座はどのように使われている?
  3. 口座を目的別に分ける

例えば、口座を下記のように整理します。

  • A銀行(給料振込)
  • B銀行(生活費引き落とし)
  • C銀行(貯金)

口座が多すぎると管理が大変なので、3つくらいがちょうどいいと思います。

03目標額・予算を考える

次は貯金額の目標を決めましょう。

海外旅行に行きたいから、30万円!

マイホーム資金に500万円

お金を貯める目的があるとやる気もでてきますよ。

それから、月々の予算も考えていきます。

試しにやってみると、このような感じです。

予算
住宅費 5万5,000円
食費 4万円
交通費 1万円
趣味 3,000円
日用品 1万円
衣服・美容 5,000円
交際費 1万8,000円
水道・光熱費 1万5,000円
通信費 5,000円
医療費 5,000円
保険 4,000円
合計 17万円

家計簿をみながら、予算を設定してみてくださいね。

予算が決まれば、「月々どのくらいのお金を貯金できるのか」もわかってきます。

目標額に達するまでの期間もわかってきて、より具体的なイメージが湧いてきますね

実際に「節約」をしていく

月々の予算が決まれば、あとはその予算に実際の出費を近づけるようにしていきます。

ここから節約のスタートです!

01固定費の節約

節約でもっとも効果的なのが、固定費の見直しです。

まずは固定費からやっていきましょう!

節約方法については、下記に詳しくまとめていますので、こちらを参考にしてみてください。

02日常のちょっとした出費を見直す

固定費の見直しが済んだら、今度は日常生活に目を向けてみましょう。

ちょこちょこムダな出費をしていませんか?

すぐにできる節約術もありますので、目を通してみてくださいね。

実際の節約は大きくこの2つ。
これだけやれば、十分に節約できますよ。

「ムリな節約」はしないで!

ここまでお金を貯める節約について紹介してきましたが、注意点が1つあります。

それは、「ムリな節約」は控えてください!

ムリな節約ってどのようなものかというと、

  • 食費を浮かせたいから1日2食に減らす
  • 1円でも安く買うためスーパーをはしご
  • 家中のコンセントを抜く

このような節約は続かないですし、お金ではなくストレスを溜めてしまいます

ストレス解消こそ、もっともコスパの悪い支出なので絶対にやめたほうがいいです。

関連節約の落とし穴「ガマン」に注意。ストレス解消こそ、もっともコスパの悪い支出です

まずは固定費から節約しよう

ラクチンで効果も高くて、いいことづくしの節約は固定費の節約です。

まずは固定費から
こちらを合言葉に、節約を頑張っていきましょうー!

スポンサーリンク

記事をシェアする

「節約したい!」と思ったときにまず最初にやるべきこと

Total6share

くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ゆるミニマリストな夫婦が
ムリのないシンプルライフを
ご紹介します
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
夫婦(30代)+子ども(0歳) 3人暮らし。ともに在宅ワーカー。節約生活をきっかけにゆるミニマリストになる。沖縄県在住
プロフィール詳細
×閉じる