無印良品週間無印良品アイテム10%オフ中

節約は自分を「時給換算」しておくとうまくいく

ムダの多い節約ほど悲しいものはありません。

頑張って苦しい思いもしたのに、お金はなくなっていく・・・

節約はしたいけど、実行するのはなかなか難しいと思っている人は「自分の時間を時給換算」してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

自分の時間にも価値がある

節約するときに人の価値をお金で評価し忘れるのは、節約の落とし穴。とくに自分のことをないがしろにしてしまう人は注意。

自分の時間を時給換算できないと、ムダに辛いだけの節約をやってしまいがち

自分の時給を踏まえて節約できている
→ 1万円分の節約!自分の時間を差し引いても黒字!やったー!
→ 500円分の食費節約!そのために1時間以上スーパーで粘った。別の方法がいいかな?
自分の時給をふまえずに節約
→ 500円分の食費節約!そのために1時間以上スーパーで粘った。でもやったー!
→ 30円分の食費節約!そのために料理に3時間かかった。でもやったー!

地獄ですよね?

そうなんです。
考えてないとつい自分の時給を0円で換算してしまって、恐ろしいことをしてしまうんです。

自分に値段付けするなんて、なんか現金な感じでイヤだな

時給換算すると聞いてそう思った気持ちの優しい人もいるかもしれませんが、節約の場では、それは大きな間違いです。

節約意識が強い人ほど、つい自分のことをないがしろにしがちですが、自分の時間を無制限につかうのは、人件費をムダ使いするブラック企業の社長さんといっしょです

例えそれが自分であろうと、いくらでも人件費がつかえると思うと、人は同じ努力をするにもムダが増えます。節約もついハードモードになりますので注意が必要です。

最低賃金で考えるのも手

そんなこと言われても、自分の時給なんて、自分じゃつけられないなぁ。

そういう人は、最低賃金ラインの700円で考えてみるのはいかがでしょうか?

この節約を別の人にアルバイトでお願いするとしたら黒字になるだろうか?

700円を基準にこう考えてみましょう。

黒字になるなら問題なし、どっこいどっこいだとしても、節約の場面ではまぁよいとしましょう。

大きな赤字になるなら、その節約は見せかけだけかも。
かえってあなたの大事な時間をうばっているかもしれませんよ?

お金も大事ですが、あなたの時間もそれ以上に大事。

効果のあるよい節約をしていきましょう。