お知らせYouTubeで暮らし動画を配信中

小さな暮らしがうまい人の共通点

小さな暮らし・シンプルな暮らしに憧れ、実践するわが家。

普段からいろいろなブロガーさん、インスタグラマーさんの情報を参考にしています。

「小さな暮らしが上手だなぁ」
「少ない暮らしだけど本当にステキな生活だなぁ」

そう感じる人々の意見を読み込んでいたら、最近、なんとなく、共通点があるように思えてきました。

けっこう意外な共通点があるよね

マネしたら私たちも、もっと暮らし上手になれるかも?

今回は私たちが小さな暮らしがうまい人に感じた共通点をあげてみます。

スポンサーリンク

自分は「ズボラ」だと認識している

小さくてもシンプルでスッキリとしている部屋。
家具や道具があるべきところに収まった収納。

そういう風にすっきりと暮らしているかたの多くが、自己紹介で「私、けっこうズボラです…」と自身を説明しています。

えーなんか意外(←自分もズボラだからちょっと嬉しい)

謙遜してるだけじゃない?

真相はわかりませんが、たしかにズボラなことと、小さな暮らしは意外といい関係にある気がします。

モノが減ると、面倒なことが減る

「モノの管理がメンドくさい!モノをへらそう!」といった試行錯誤の末、すっきりキレイな家を実現されている人が、意外と多いのかもしれません。

関連住まいをサイズダウンしたくなる8つの魅力

無理はしない・したくない

家がキレイだと美学をもって家を建てていたり、毎日、情熱的に家事へ取り組んでいそうなものですが、むしろ逆。

  • 掃除や、部屋の移動で疲れるのはイヤ
  • 家のことは少しでもラクに気分よくこなしたい
  • 住宅ローンで無理するくらいなら家は小さくていい

こんな感じの意向をもっている人が多いです。

けっこう、ラクチンが大好きって人が多くて安心します

気負わず、淡々と、粛々とできる。

「すっきり・キレイ」はだれもが好む状況です。

もしかすると、日々の手間を、限りなく小さくできた人の方が、そういう状況には辿り着きやすいのかもしれません。

自分の「外」の環境から変える

わが家もそうですが、すっきり暮らしたいと思うと、まずこう考えませんか?

よーし!週末はクローゼットをひっくり返して、整理整頓の祭りじゃあー!

でも小さな暮らし方がうまいな、と思った人はみんなアプローチが違います。

  • モノを捨てたくなるように、小さな部屋に住もう
  • 掃除を頑張れるように、ホームパーティーを開こう
  • 無駄なモノを買わないように必要なだけお金を持とう

自分の心を変えるのではなく、自分の外にある環境を変えていくのです。

自分の行動が変わる環境にする。

たしかに自分の心意気は週末までに変わってしまうことも多いですが、環境や状況は設定してしまえば変わりません。

あ、そうか週末、友達呼んだんだった!

掃除しよう!掃除しよう!

環境に沿って自然と行動しますもんね。合理的。

お金は意外と使う

小さな暮らしをしている人の多くが、同時に「節約家」でもあるようです。しかし、普通の節約家さんとちょっと違うな、と思ったことがあります。

意外とヒョイっと大きい買い物をする

えぇ!そんな数万円もする家電を買っちゃうの!?

わお!太っ腹ぁー!

よくよく考えてみると、長く使えて安く済むアイテムだったり。

道具をいろいろな角度から吟味するクセがついているんでしょうね。

日々の出費などには財布のヒモも固いですが、長く使える、家で機能する、気に入ったものについては思い切って購入している印象です。

わが家は買って失敗だったらと思うと、つい買い控えて安いモノを買ってしまう…

買う → 吟味する → (いらなかったら)手放す → (必要なら)ずっと使う

小さな暮らしがうまいと思う人は、上のような行動サイクルが、きちんと確立されている印象。

モノも溜まらない人が多いです。

スポンサーリンク

家への軸がブレない

小さな暮らしをしていると、周りから珍しがられたり、心配されたりします。

「子どもができたら狭くない?」
「モノがなくて不便じゃないの?」
「そのうちモノで溢れちゃうよ?」
「お客さんを呼ぶときはどうするの?」
…etc

わが家も小さい家を検討している身なので、こういった言葉を受けるたびに、「う、やっぱり人並みにした方がいいのかな?」と考えてしまうんですよね。

このへん、小さな暮らしがうまい人たちはとてもクレバーで、わりと柔軟に吟味して、結果、自分の意見がブレないことが多いです。

私と他の人では価値観がちがって当然

つきつめると、こういう前提で考えている人が多いです。
まぁ言われてみれば自分の暮らしだし、その通りなんですよね。

特に”子ども”とか”家族”とか自分以外の人について指摘されるとブレます

でも家族や子どもたちも”一般的”で、くくれるような存在じゃないですからね

小さな暮らしがうまい人のブログを読んだりしていると、勇気をもらえます。

家で過ごす時間を大事にしている

そして、やっぱりこれ。

週末、家でゆったりしようと考える人が多い印象です。
(もちろん、ずっと家にこもってる訳ではないです。)

自分の家で過ごす。
自分の家族と過ごす。
自分のモノと過ごす。

そういう時間の味わいを、とても大事にしています。

とりあえず外に出かけようとなり、ついで買いをしてしまうわが家も、見習うべきところがあります…

でも家にずっといるなら、広い家を望みそうなのにね

不思議と反対なんですよね。
長く家で過ごす人ほど、お家は身の丈のサイズで良い、小さくていいと考えるようです。

たしかにわが家も在宅ワーカーになったあと、小さい家が好みになったんですよね…

もちろん個人の好みですから、必ずそうとも限りません。

でも私たちが見ている範囲では、こういう傾向があるなぁ、と感じました。

自分自身をちょうどよく把握している

以上、私たちが感じた小さな暮らしがうまい人の共通点でした。

まとめるとこんな感じ。

  • 自分は「ズボラ」だと認識している
  • 無理はしない・したくない
  • 自分の「外」の環境から変える
  • お金は意外と使う
  • 家への軸がブレない
  • 家で過ごす時間を大事にしている

「私なんか大雑把でズボラだし、すっきりした暮らしなんて無縁だろうな…」と考えている人も、きっかけがないだけで、意外と素養は持っているのかもしれません。

小さな暮らしが上手な人は、自分のことを過大評価しないし、かといって過小評価でもないし、ちょうどいい塩梅で把握しているなと感じました。

この絶妙なちょうどよさが、多くの人を惹き付けるのでしょうね。

シェアする
閉じる