お知らせYouTubeで暮らし動画を配信中

ソファを断捨離しました。手放して起こった変化

キッズスペース&リビング

リビングにあったソファを断捨離

ゴールデンウィークにソファを手放しました

5年前、結婚のタイミングで購入したソファですが、「ソファ…手放そう!」と思い立ってから、3日後には旅立っていきました。

  • どうして手放すことにしたのか
  • ソファがなくなった後、どんな風に過ごしているか

今回は、これについて書いていきますね。

スポンサーリンク

ソファを手放そうと思った理由

まず、どうしてソファを手放そうと思ったかというと、この3つです。

  • 子どもがケガをした
  • 部屋を広く使いたい欲がでてきた
  • 子どもがほつれた生地をむしりそう

子どもがケガをした

リビング

最近はソファ前にローテーブルを置いてました

これが今回、もっとも大きなきっかけです。
子どもがソファ周辺を走り回っていてすっ転び、ローテーブルにアゴを強打する出来事が・・・

さいわい5分ほどで出血は止まり、大きなケガにはならなかったのですが。

最初、アゴから血がドバッと出たので、歯が貫通したかと思った..!

本当に心臓が飛び出るかと思いました。
すぐにテーブルは撤去(押入れに収納)。

そうだよねぇ、走っちゃう時期になったんだよねぇ。

子どもが動き回る前提で、部屋の安全を気にしだした結果、もう少し平らなスペースを作ってあげようと思い、ソファをやめようと決めました。

部屋を広く使いたい欲がでてきた

理由は子どもだけでなく、久しぶりにテーブルを撤去したら、とても部屋が広く感じられました。

ソファをなくした部屋のほうが広々として気持ちいいのでは?

そう思うと、広々した部屋で過ごしてみたいという欲が出てきました。
ソファがなくなればもっと子どもが安全に、のびのび遊べるし!わたしも寝転んだり、気持ちよく過ごせるし!いいことづくし!

この意見、なんと夫も同じように思っていたようで、意気投合。
その日のうちにジモティでソファを出品しました。

いま考えると、なんてスピーディーなんだ

子どもがソファをむしりそうだった

そして、わが家のソファの状況。

だんだん年月を経て、少しずつ生地がへたってきており、生地のほつれも1、2箇所。

もちろん普通に使う分には、まだぜんぜん使えましたが、困ったことにほつれを子どもがむしりたがってしまうのです。

とくに背もたれの生地のほつれを、子どもが見つけてずーっとむしろうとしていました。背もたれをむしられたら致命的!

ボロボロになっちゃうからやめてー!

毎回ハラハラするのもイヤで…。
むしられて生地が破けたらもうボロボロ。お終いです。

「その前に買い取ってもらったほうがいいのでは?」と考え、買い取ってもらいました。

ソファがなくなったリビング

無事、出品から3日後に譲るかたが見つかり、ソファを手放すことができました。

買い取ってもらった値段は1万円。
6万円のソファを5年使ったので、これくらいならお互いにお得かな?と決めました。

欲張った結果、伝説級に失敗した経験があるので安めに…(笑)

実際にリビングからソファがなくなった部屋はこちら。

ソファを断捨離した後のリビング

ソファを断捨離した後のリビング

ソファがなくなるとリビングが広い!

ソファがなくなるとリビングが広い!

リビングから寝室への移動もスムーズ

リビングから寝室への移動もスムーズ

ソファがあったときも良かったけれど、なくなったらなくなったで気持ちがいいです。

とくに移動がスムーズになったことの心地よさがすごい!

移動がラクになるだけで、こんなに気持ちがいいとは意外でした!

リビングからソファがなくなった後の変化

とにかく広い!

6畳のリビングだけど広く感じる

6畳のリビングだけど広く感じる

わが家は50平米(リビングスペースは6畳)と決して広くない家ですが、一気に広く感じるようになりました。

道場ができそう

道場はさすがにいいすぎですが(笑)
ヨガをしたり、筋トレスペースを確保できるようになったのはうれしいです。

玄関からの眺め

玄関からの眺め

外出して帰ってくると、玄関入ってすぐ、「なにもない」ってビックリします。
これは慣れるまでしばらく毎度、驚けそう。

掃除がラク

ズボラなわたしとしては、掃除がしやすくなったのもうれしいポイント

ソファを手放すとき、ソファ下からほこりとおもちゃが発掘されましたが、もうそんなこともなくなるわけで。

掃除の手間がへった!

ソファ周りはホコリがたまりやすかったので、キレイな部屋をキープしやすくなりました。

子どもが走り回れる

リビングから寝室への移動もスムーズ

子どもも楽しそうに遊んでました(撮影している現在は子どもはベッドでお昼寝中)

「ソファがなくなって子どもが寂しがるかな?」と心配でしたが、とくに悲しがる様子はなく。

あちこち走り回って寝ました(笑)

バイクでも走りまわりやすくなり、子どもにとってもよかったかなと感じています。

座ってテレビをみるようになった

テレビをみるときはすぐにゴロンと横になりたがっちゃうのですが、ソファがないので座ってみる時間が増えました。

テレビをみるときは、寝室と少し段差になっているところに腰掛けています。

これからクッション(座布団)を買う予定です

今は、しばらくクッションなしで生活してみて、どんなクッションなら快適か検討しているところ。

ちなみに、ただのフローリングだと床が固すぎて床座はきついけど、ジョイントマットがあるおかげで、そこまで固さを感じません。

風邪を引いたときに寝室を別にできる

間取り

わが家の以前の間取り。これからはソファがなくなるので、その分、布団を敷くことができる。→紹介記事はこちら

体調を崩したときも、家族みんなで同じ寝室で寝ていたんですよね…。スペースがなくて。

でもこれからは寝室とリビングに寝床をわけることができて、家族内感染を防ぎやすくなりそうです。

あまりに何もないからローテーブルを置きたくなった

これは本末転倒ですね(笑)

いやーあまりになにもなさすぎて、ローテーブルでも置きたくなるんですよね。

さすがにまた子どもが転んでケガをするのはイヤなので、今度は使わないときは折りたたんでしまっておく方式にしたいです。

ずっと丸テーブルのローテーブルをDIYしたいと思っていたので、これを機に作ってみようかな?

ソファの断捨離、後悔なし

ソファを手放してすぐの現在。とくに後悔するところはないです。

むしろ手放したあとのスッキリ感を堪能しています。

しばらくは床座生活を楽しめそう♪

これからしばらくして「やっぱりソファを手放さない方がよかった…」ってことがでてくるのか・・・?

またしばらくしたらレポートしますね。

シェアする
閉じる