【海がみえる小さな家#12】一番悩まされたウッドデッキ。「海がみえて使いやすい」は実現するのか?

この記事は連載です。今までの話をまだお読みでない方は「海がみえる小さな家#1」よりお読みください。

建築士さんの平屋間取り

最初のプラン提案から、わが家が変更の希望を伝えたのはこちら。

  • やっぱりキッチンを土間にするのはやめたい
    (室内の移動しやすさのほうを優先)
  • ウッドデッキを四角形にしたい
    (BBQがやりにくいので)
  • ウッドデッキの手すりを下げたい
    (手すりがリビングからみえるため、海の景観を損ねている。できれば見えない位置にしたい)
  • 作業室の窓も雨戸をできるようにしたい
    (台風のとき海側から風が吹き上がる。現状は長い脚立で雨戸をしめるようになっているが、できればもっと簡単に雨戸をしたい)
  • 収納スペースを作業スペースにもできるようにしたい
    (作業室を子ども部屋にした場合、作業室を移動させる)

「キッチンをフローリングに」、「収納スペースを作業スペースにも」っていうのは、すんなり変更できました。

一番厄介だったのがウッドデッキ

ウッドデッキはなんども、なんども話し合いを重ねた、思い出深い場所です。

いろんな方向性を探ったので、その一部を紹介しますね。

スポンサーリンク

現状のウッドデッキの問題点

平屋の間取り図

間取り図をみていただくとわかると思いますが、ウッドデッキが三角形になっています。

土地の形

▲ わが家の土地

土地の形に合わせると、どうしてもこの形になってしまうのです。

三角形だとBBQがしにくそうだなぁ

それと問題がもうひとつ。

…あれ? この間取りじゃ、リビングから手すりが丸見えだ!
海の景観を邪魔している!

わが家の土地は3メートルの高低差があり、ウッドデッキ側は底上げしているような状態です。

ウッドデッキまで階段を登っていくため、手すりは必須になってきます。

キッチンからの眺め

▲ キッチンからみたイメージ図

キッチンからのイメージ図は手すりを省いていますが、実際はここに手すりが加わるってことです。

実は以前、賃貸で住んでいたマンションの部屋からも同じように海が見えました。

テンションがあがって、ベランダ用のテーブルとイスを買い揃え、「ベランダで海をみながらご飯を食べよう!」とやってみたことがあるんです。

そしたら、ですよ。

ベランダの壁が邪魔して、海がまったく見えなかったんです。

座ったらこんなにも目線が下がるのか!

結局、ベランダの壁をみながらご飯を食べることになったのでした…

海の景観を邪魔しないようにはどうしたらいいものか

「海がみえる」ウッドデッキを目指して

提案①「手すりをシンプルなものに」

早速、建築士のKさんに相談。

Kさんからは「手すりは最低限にしましょう。そして、子どもが小さいうちは転落防止ネットをつけるのがいいですよ」とのこと。

これなら海が完全に見えないってことはなくなるかぁ

たしかに壁よりも海はみえるけど…
もっとキレイに海をみたい!

提案②「土間部分を下げる」

まぁそうだろうと見越して、Kさんがもう1つ提案してくれたのが、土間を下げるプラン

ウッドデッキの高さ

ウッドデッキ部分は小さくなるものの。
リビングからウッドデッキはフラットに、土間部分を1段下げることで手すりも下がることになります。

これなら座っているときでも手すりがほとんど目に入らない!

「使いやすい」ウッドデッキを目指して

次なる問題は、ウッドデッキの形。

三角形では結局つかえるスペースが限られており、使い勝手が悪いのではと懸念していました。
それと、できることなら作業室のほうまで土間を広げたい

提案③「土間を台形に。作業室まで土間をのばす」

マイホームの間取り図

キッチンの位置を駐車場側に寄せることで、ウッドデッキが広がりました。

結果、ウッドデッキが台形に

そして、壁の一部を減らし、作業室の前にも土間スペースができるようになったのです。

これならすべての要件が揃っていて、いいね!

提案④「階段をなくす」

提案③でめでたしめでたしと思ったものの、わが家が満たしていないものが1つありました。

お金です。

悲しき…

のちのち話が出てきますが、予算カットをしなければいけなくなってしまったのです。

Kさんから「階段をなくせば100万円やすくなるんですけどねー」との声が・・・

階段?

傾斜があるのに、階段ってなくせるの?

Kさん「ハシゴとかですかねー笑 あっ、ロープって手もありますね!」

もはやギャグ。

こんな調子で突拍子もない冗談をいっていたところでひらめいた、Kさん。

「丘っていうのはどうですかね?」

丘・・・?

「土を盛って坂道にしてゆるやかな傾斜にしてしまおうってアイデアです」

コンクリートを使うよりも土は安いためコストカットになるとのこと。

それで安くなるならなんなりと!


イメージとしてはこんな感じ。

芝生にしたら、爽やかなイメージになってむしろいいかも!

ウッドデッキを妥協しなくてよかった!

17坪の平屋間取り

最終的には丘になったことで、ウッドデッキは四角形にできそうです。

四角なら使いやすくていいね!

コストカットの波に飲まれ、「ウッドデッキを諦めて、もうただの窓にする?」って妥協しかけたこともありましたが、妥協しなくてよかった!

ウッドデッキでバーベキューに、ハンモック、プール遊びなどやりたいことがたくさんあるんです

まだ完成したわけではないですが、一番どんな風になるのか楽しみな場所です。

・・・あっ、ウッドデッキは予算の関係で自分たちで作ります!

どーなるのかなー。作れるのかなー。

海がみえる小さな家の記事一覧をみる

スポンサーリンク

記事をシェアする

【海がみえる小さな家#12】一番悩まされたウッドデッキ。「海がみえて使いやすい」は実現するのか?

Total2share

くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ゆるミニマリストな夫婦が
ムリのないシンプルライフを
ご紹介します
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
夫婦(30代)+子ども(0歳) 3人暮らし。ともに在宅ワーカー。節約生活をきっかけにゆるミニマリストになる。沖縄県在住
プロフィール詳細
×閉じる