ハイハイ前の赤ちゃんスペースづくり。ジョイントマットを2畳→6畳にしました

息子が生後5ヶ月になり、寝返りを覚えました。

最近はしょっちゅう、うつ伏せになってます。

オムツを替えて手を洗っているうちに、コロン。
おもちゃで遊んでいたはずが、コロン。

左右どちらからも寝返りができるようになり、気がつけば床に敷いているジョイントマットからはみ出すことが増えてきました。

そろそろ赤ちゃんスペースを広げないと狭いかな?

そのうち、ずりばいをはじめることも見越して、赤ちゃんスペースを広げてみることにしました。

スポンサーリンク

寝返りを覚える前の赤ちゃんスペース

作業スペースとキッズスペース

生後5ヶ月まで、2畳分のジョイントマットを敷いていました。

そこに、バウンサー・ジムのおもちゃを置いているので、赤ちゃんスペースはごくわずか。

それでも寝返りする前は十分に感じていました。

ハイハイに備えてつくった赤ちゃんスペース

リビングのジョイントマット

今回はハイハイ時期に備えて、リビング全体(6畳)にジョイントマットを敷きつめてみました。

空いているスペースどこにでも息子をコロンとさせておけるので、いいですね。

これならマットからはみ出る心配もありません。

ハイハイする前のキッズスペース

息子もうつ伏せのまま、自由に動き回っています。
あちこち方向転換して、半径30cmの世界を満喫中です。

ソファがなければもっと動き回れる

リビングにジョイントマットを敷くために、一時的にソファをどかしてみたら・・・

ハイハイの準備

広いっ!

これだけ広いと、ハイハイをはじめても障害物がなく、気持ちよく遊べそうですね。

ちょっとソファを手放そうかな…

ソファがないとあまりに部屋がスッキリ見えたので、頭にちょっとよぎってしまいました。
きっと手放したら手放したで不便なんですけどねー。

そんなこんなで、ひとまず、赤ちゃんスペースの拡大に成功です。

息子よ、いつでもハイハイしたまえ!

スポンサーリンク

記事をシェアする

ハイハイ前の赤ちゃんスペースづくり。ジョイントマットを2畳→6畳にしました

Total4share

1,510 views

くらしにのらりとは
シンプルに、ゆるく、ざったに
等身大の暮らしを大切に
ゆるミニマリストな夫婦が
ムリのないシンプルライフを
ご紹介します
コンセプトをよむ
みなみの家
みなみのひげ、ピノ子
夫婦(30代)+子ども(0歳) 3人暮らし。ともに在宅ワーカー。節約生活をきっかけにゆるミニマリストになる。沖縄県在住
プロフィール詳細
×閉じる