有料noteシンプル・快適・ムリのない 『小さな家づくり』

マイホーム予算を500万円オーバー!住宅コストを削るにはどうしたらいいの?

※この記事は有料note「小さな家づくり〜18坪の平屋でシンプルに暮らす〜」に移行しました

「ちょっとここで一度、概算の見積もりをとってみましょう」

基礎設計の終盤、建築士さんから提案がありました。

たしかに。
ここで一度、現実を見なくては!

家づくりのことを考えていると、アレも欲しい、コレも欲しい、もっと欲しい、もっともっと欲しい状態だったので。

ここで、いまのプランで見積もりをとってもらうことにしました。

スポンサーリンク

見積もりは、なんと500万円もオーバー!

「見積もり」といっても、今回はあくまで概算になります。

というのも、現在、わたしたちが住む沖縄は住宅バブル…。

どこの施工会社も忙しく、仮見積もりを出せるほど余裕はないみたいです。

なので、今回は建築事務所さんのほうでお付き合いのある施工会社さんの施工費用価格を例にして算出してくれました。

そして導かれた金額は・・・予算550万円オーバー!!!

まじか

ここまで予算とかけ離れていたとは…。

予算オーバーの理由は、わが家が欲張ったということもありますが、加えて材料費・人件費の高騰も影響しているとか。

建築士さんに聞いてみたら、「建築バブル前であれば、いまの予算くらいでも建てられました」というようなことをいっていました。

あぁ、せめてあと5年はやく建てていたら…

まぁそうはいっても、バブルになってしまったからには仕方ない。

建築士さんと一緒に、コストカットしていくことになりました。

住宅コストを削るためにしたこと

01ウッドデッキの階段をなくす

まず大幅なコストカットになったのが、ウッドデッキの階段

家が傾斜地にあるので、ウッドデッキ側を底上げする関係で階段は必需品でした。

しかし、ここにきて思い切ってなくす方向に!

階段をなくし、作業室側まで延びていた土間スペースもなし。

代わりに、土を盛って丘にすることで、100万円以上も安くなることがわかりました。
(軒もシンプルな四角になったことでコストカットになったそうです)

関連【海がみえる小さな家#12】一番悩まされたウッドデッキ。「海がみえて使いやすい」は実現するのか?

02ウッドデッキを自作する

もともとの間取りでは三角形っぽいウッドデッキだったので、自作は難しそうでつくってもらう方向で考えていました。

でも、今回の間取り変更に合わせて、ウッドデッキは四角形に!

ウッドデッキ側面

前に趣味でつくったウッドデッキ

四角のウッドデッキは前にも作ったことがあるので、なんとか作れるような気がしています。

自作すれば材料費が別でかかりますが、30万円くらいの節約に!

関連予算3万円でも見栄えよし。DIYウッドデッキのシンプルな作り方

ほかのコストカットアイデアについてはnoteへ

ほかのコストカットのアイデアについては、沖縄の家づくり有料note「お家をコストカットするときのアイデア」にまとめています。

よかったらcheckしてみてね!

沖縄で家づくり

関連海がみえる小さな家の記事一覧をみる
シェアする
閉じる