なんと!無印良品が楽天市場に登場!

フリーランスって老後に向けてどう準備したらいいの?がわかる本「自営業の老後」

老後が心配だ。

自営になってからというもの、老後が余計に心配だ。

20代から老後を心配しなければならないなんて、世知辛い世の中ですよね。

そうはいっても、どうしようもないので、自分にできることを早い段階から準備しておこうと、SNS上で話題になっていた、「マンガ 自営業の老後」を読んでみました。

スポンサーリンク

自営業がどう生きればいいかわかるマンガ

自営業の老後

筆者の上田惣子さんは、53歳のイラストレーター。
40代後半をすぎた頃、仕事が減っていき、収入は半分に。そして気がつけば、3分の1まで減ってしまったそうです。

しかも、年金を支払っていない!

老後の収入になりうる、年金を支払っていないことで、お先は真っ暗・・・

自営業なら明日はわが身になりうる状況を、赤裸々につづっています。

自営業の老後

どのくらい自営業の老後が不安定なものかというと、これだけのないないづくしです。

収入不安定
いつまでも今の収入の仕事があるとは限らない。

退職金なし
誰も退職金を積み立ててくれない。

年金はすずめの涙
国民年金にしか加入していないので、もらえる年金がごくわずか。

じゃあ、自営業はみんな老後はお先真っ暗なのか?

自営業の老後を読んでいると、そうとも限らないことがわかりました。

80代まで楽しみながら現役でお店のカウンターに立つ、焼き鳥屋のおばあちゃんだっているんですよね。
自営業の強みは、定年退職がないこと。だからニーズと自分の体力次第で、働き続けることができるのです。

自営業に嬉しいお得な制度もある

自営業が加入する国民年金は、厚生年金に比べ、もらえるお金はわずかです。
だからこそ、自分で老後に向けて積み立てておくことが大切と、本の中でも書かれています。

なかでも、最もおすすめされていたのが確定拠出年金
わが家も最近始めました。

確定拠出年金は、大きく2つのメリットがあります。

  1. 掛け金は全額所得控除
  2. 運用益は非課税

将来の年金を自分で運用していく制度です。しかもそれだけでなく、節税しながら、運用ができちゃうのです。

参考自分でつくる年金「確定拠出年金」ってなに?

もう1つおすすめしていたのは、小規模企業共済

  1. 掛け金は全額所得控除
  2. 予定利率が高い

こちらは自営業を廃業したときに、自分で退職金を準備する制度です。
予定利率は1〜1.5%。通常の預金よりも高い利率ですよね。

このような制度については誰かが教えてくれるものではないので、自分で勉強して、吟味するしかありません。

最初の自営業の老後を知る入門書として、マンガ 自営業の老後はとっつきやすかったです。

マンガ形式で話が進むので、ときどきププッと笑いながら、最後まで一気に読めてしまいますよ。

というわけで、自営業のかたにおすすめしたい、お金の本の紹介でした。
本の言葉をお借りして、この記事を締めさせていただきます。

自営業の老後 憂えず備えて 共に乗り切りましょう!

シェアする
閉じる