お知らせ家づくりの体験談をnoteにまとめました

毎月の出費はシビアに。固定費の節約でだいぶラクになりました

電卓・お金・家計簿

固定費が毎月いくらかかっているか、知っていますか?

わが家も最近、把握しきれていなかったので計算してみました。

その額、月7万5,000円ほど(仕事用含む)

(年払いは今回は省きました)

スポンサーリンク

不安定な家計には、固定費の節約が必須

わが家は自営業。
家計は不安定にならざるを得ません。

なので固定費をあげてしまうと死活問題なんですよね。

住居費、スマホ代、保険代など、なるべく毎月の負担が少ないものを選択してやりくりしています。

家賃7万円からのコストカットは精神的にだいぶラクになりました

結婚当初に住んでいた家は、家賃7万3,000円。

いまは固定費すべて合わせて7万5,000円。

考えてみたら、家賃+ほかの固定費が以前の家賃でまかなえていることになります。

以前は家賃を支払って。
さらにスマホ料金を1万6,000円のお支払い。

家賃とスマホ代の支払いだけで、9万円近くも固定費が…

ほかにもなんだかんだ契約していたので、10万円以上の固定費があったと思います。

その頃に比べると、2万5,000円の節約に!
(年間30万円の計算になります。)

固定費が下がるとその分、肩の荷が降りて、精神的にもラクになるんですよね。

浮いたお金は投資にまわす

もう1つ変わったことといえば、浮いたお金は消費ではなく、投資にまわすようにもなりました。

わが家がやっているのはこの3つ。

セゾンとSBIがメイン。楽天はポイントがあるときにプラスアルファでやります。

株を買うこともたまにありますが、わが家は投信などでコツコツと積み立てていくスタイルがやっぱり安定しています。

  1. 家計を見直すときはまず固定費から。
  2. 浮いたお金は(生活防衛資金が貯まったら)積み立て投資する。

※生活防衛資金・・・まったく収入がなくなってもしばらく生きていけるための貯金。

この流れがお金を着実に貯める方法だなとここ数年で実感しました。

シェアする
閉じる