感情はエネルギーがたくさん必要。「感情疲労」を知り適切な休養をとろう

疲れている、、なぜだ

「最近、なんだか疲れて、イライラして、物事がうまくいかない。仕事もそこまで忙しいわけではないし、休日はしっかり遊んでリフレッシュしているんだけどなぁ」

しっかり休めている気がするのに疲れている。

そんなとき、人は「感情疲労」や「感情労働」によって、知らず知らずに心に疲労を溜め込んでいる可能性があります。

今回は、自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術より、感情のエネルギー消費についてご紹介します。

感情はエネルギーがたくさん必要

感情を発動しているとき、人はエネルギーを大量に消費し疲労する。

このことを知らない人も多いかもしれません。

もともと、感情は原始時代、人々が野生の中で生きていくために機能させていたものです。

感情は、原始人が生死に関わる対応をするためのもの。つまり、命がけ、いちかばちかの反応なのだ。

引用:自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術 P.129 より一部抜粋

もともと命がけの場面で発動する機能なため、どの感情でも極端にエネルギーを消費するものなのだそう。

例えば…

  • 喜ぶ・・・水や食料を見つけ、仲間に伝える。笑う・大声を出す
  • 怒る・・・敵から身を守る。他者から自分の居場所を確保する。攻撃する
  • 不安・・・万が一のリスクを想定する。死や最悪の状況への対処

人間は感情をだしているとき、爆発的にエネルギーを消費して、脳や身体を動かし目の前の状況に対処しているのです。

感情のエネルギーは”無駄に”たくさん使われる

さて、原始時代のように死と隣合わせではない現代。

命がけになることなんて、滅多にありませんね。
目の前の状況へ対処するのにも、そこまで大量のエネルギーを必要としません。

それでも原始時代から、人の脳のつくりは大きく変わりません。よってどんな平和なときであろうと、感情が発動されているとき、私たちは原始時代と同じ命がけ相当のエネルギーを消費します。

つまり、私たちは、現代社会で生きる分には不必要なほどのエネルギー、つまり無駄にたくさんのエネルギーを使って感情を発しているのだそうです。

新型うつは、感情による疲労から?

最近、ただのうつ病ではなく、「新型うつ」と呼ばれるうつ症状がよく話題にあがります。

新型うつの特徴

他責的(他者を責める傾向)
他人の言動に傷つきやすくなる
夕暮れ時に出現(従来型は朝、出現する傾向)
過眠や過食が特徴
自分に好ましい状況下で抑うつ感が消失

参考:現代人に影を落とす「新型うつ病」とは|医療法人和楽会 理事長 貝谷久宣 内容より症状をリストアップ

よくニュースなどで話題にあがるのが「会社でうつ症状が出ている人を休ませたら、休みを利用して元気に旅行に行っていた」というもの。

ただのズル休みかと思いきや、実際、会社に来ている間は本当にうつで苦しんでいる。本人は「甘えじゃない」というが、周りとしても、どうしたらいいものかわからず..。どの人も浮かばれません。

さて、この新型うつ。
書籍によれば、まさに感情疲労による蓄積疲労を知らず、偏った休みかたをしているが故に起きる現象だと考えられるそうです。なるほど。

休もうとして疲労を溜めてしまう人

新型うつの人は、なぜうつであるにも関わらず、旅行へ出かけたのでしょうか?

これは「楽しいこと、嬉しいことをすれば気持ちがリフレッシュされ、心の疲労がとれる=うつが治る」と思っているからに他なりません。

「楽しい・嬉しいこと」でも、感情によって疲労が溜め込まれることを知っていれば、症状が改善しない行為をしているのは明らかです。
平日に仕事で疲れ、休日に楽しいと思いながら、さらに疲労をため、それを繰り返せば心がどうしようもなく疲れて「うつ」になってしまうのです。

何もせずゆっくりと静かに過ごそう

休日にたっぷり遊んで気持ちをリフレッシュさせることは、とても素敵なことですが、心理的な疲労がたまっている時には、良い休息方法とは言えません。

疲れがたまっていたら、家の中などで、何もせずゆっくりと静かに過ごす

「外に出ないと休日が充実していないと思われる」なんて、悩む人もいるようですが、健康でも休日はゆっくり静養する時間を確保しましょう。
堂々と何もしない休日を取り入れる方が、心身ともに回復することができ、充実した毎日を送ることができるようになります。

「感情疲労」がたくさん溜まる場面とは..?

感情の発動と、目の前の状況が一致していた原始時代と違い、現代は感情とは無関係に物ごとが進むシーンが多いため、感情疲労が溜まりやすい場面も存在します。

感情の「我慢」と「継続」が起こる場面

1つは感情の「我慢」と「継続」が起こる場面です。

同じ行動でも、感情を表に出したいところで、それを抑えながら行動すると、通常の労働に「感情労働」が上乗せされ疲労が大きいのだそうです。

現代は、「怒り」が例としてわかりやすいです。

あなたが、会社で10分くらいで作れる、ちょっとした資料を作るとします。普通なら資料のこと以外、何も考えずに作成すれば終わりです。

しかし、資料をお願いしてきた同僚がたまたまイライラしていました。
この忙しいのに何余裕ぶってんだよ、暇ならこれくらいやっとけよ」と、非常に失礼な依頼の仕方をしてきました。

あなたは「何あいつ?もう少しマトモなお願いの仕方ができないのか?」と怒りを抱いて作業をします。

怒りが発動したとき、原始時代なら、その場で怒り、相手を攻撃したり威嚇します。
しかし、今の時代、そんなことしたら大トラブルです。

あなたは当然、怒りを「我慢」します。

さらに、原始時代なら嫌な相手は攻撃して離れてしまえば、もう会うかどうかもわからないですが、現代は、次の日からもずっと顔を合わせます。嫌な同僚を見るたびに、胃がムカつきます。

あなたは継続的に怒り、しかし、それを我慢し続けるしかありません。

自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術を参考にみなみのひげが作成

この時、通常の作業に加えて「怒るエネルギー」と「怒りを抑えるエネルギー」が加わっています。

10分の作業が非常に疲れます。

加えて、会社に同僚がいる限り、怒りが継続する可能性もあります。我慢し続ける必要があるため、その場にいるだけで、通常の勤務とは比べものにならないくらい疲労が蓄積していきます。

関連怒りの感情を持ったら「分析」するといい

インターネット(SNSなど)を利用している場面

また、インターネットの普及(SNSの拡大)も、感情疲労には大きな影響があるといえます。

  • 24時間、連絡でき、常に感情の波が起こりうる状態
  • 強い感情刺激がある動画や画像が常にある
  • 誤解も多く、顔の見えない相手から攻撃的なメッセージが届くことも
  • 匿名掲示板では、配慮のない言葉で他人を攻撃するのが普通

今まさに、あなたが見ているインターネットの情報は、「感情」によるエネルギーを消費させっぱなしにするものが多いです。

利用している側の想定以上に、心理的な疲労を蓄積させるそうです。

私も仕事柄、なんとなくで、ずっとウェブ情報を見ている人間ですが、確かに、いろいろなウェブサイトを1日中見ているとぐったりと疲れたようになるのは事実です。

実際に大量の感情的な疲労が溜め込まれているからなのでしょう。

目に見えない疲労に気をつけて

物理的な疲労というのは目に見えます。

筋肉痛だったり、体調不良だったり、風邪をひいたり。
そういった不調が見えると、人は静かに「休息」をとって回復しようとします。

一方で、「感情の疲労」となると、そうはいきません。
感情の疲労は目に見えず、どの程度、自分が消耗しているのかよくわかりません。そもそも「感情」で疲労することすら、あまり実感がわきません。

自覚がないまま、疲労をどんどん溜めて調子だけが悪くなっていく状況が起こり得ます。

身体は休むと元気になるのに、なぜかすぐにうつのような状態が出てきてしまう

この状態に陥ると、気分の落ち込みと回復をずるずる繰り返し、本人も周囲の人も長期的に疲弊してしまいます。

正しい場面で感情を放出することは、現代でももちろん大切なことです。
一方で、ムダな「感情疲労」が世の中にたくさんあることを把握して、見えない疲労蓄積に苦しむことは避けたいところですね。

今回の参考図書

疲弊しないでパフォーマンスを上げていくことを学ぶのに、非常に役立った一冊です。全体を通して実践できる内容が多いので、ぜひ、読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事を書いたひと

みなみのひげ記事数 63本
南の島のヒゲ系ウェブデザイナー。風景とオカヤドカリ写真家。

後回しにしているお買い物はありませんか?