お知らせ家づくりの体験談をnoteにまとめました

梅のヤニ汚れはどうやって落とす?あるモノであっさり落ちました

小梅でカリカリ梅

シロップやカリカリ梅など、梅を漬けることがあります。

あるとき、シロップを保存していた瓶のフタをさわったら、ベタリ

なんか松ヤニみたいなものが……

梅シロップ

これじゃないけれど瓶の蓋のパッキン部分を中心にヤニのようなものがベタリ

梅にヤニなんてあるのかと思ってネット検索してみると、たしかに「梅ヤニ」なるものがあるらしい。

しかし汚れの落とし方はなかなか出てこない。

食器洗剤、重曹、クエン酸とためしたけれど落ちない

せっかく、何度も使える保存瓶なのに、ベタベタだし、梅の匂いつきだし、これじゃつかいにくくて仕方ない。

困ってしまい、いろいろ試して見た結果。

結局、あるもので、つけおきしたらあっさり落ちました。

それは……。

スポンサーリンク

梅のヤニは「オキシクリーン」で落ちた

オキシクリーン

オキシクリーンです。

オキシクリーンはアメリカ生まれの酸素系マルチ漂白剤。

酸素系の漂白剤なので、よくある塩素系漂白剤に比べて、カラダへの刺激が少なく、子どもにもやさしいし、成分的に地球にもやさしいすぐれものです。

いろいろマルチに汚れが落ちるステキアイテム

オキシクリーンでつけ置き

60度くらいのお湯にオキシクリーンの粉末をとかし、パッキンをつけおき。

オキシクリーンの泡

泡がつぶつぶ出てきます。

そのまま10分くらい放置。

しばらくすると、すっかりツルツル・ピカピカになりました。

ナイスオキシクリーン!

わが家でつかってるのは日本版。
界面活性剤がはいっておらず、アメリカ本場のものより低刺激(?)らしいです。

これで十分、落ちました。

梅ヤニの落とし方、あんまりネット情報がなかったようなので、もしお困りの人がいましたら、オキシクリーン、おためしくださいね〜。

シェアする
閉じる