40万円安くなった!わが家が実践した節約術

おいしいコーヒー飲もう。家庭でコーヒーの豆・粉を保存する方法

コーヒ豆の保管

コーヒーを飲むようになって、豆や粉の保存方法が気になったので、いろいろと調べて、私なりにまとまった情報をご紹介します。

家庭でのコーヒー豆・粉の保管方法は、結論から先に言ってしまうとシンプルにこれです。

冷凍庫で保管
(1、2週間で飲みきるなら冷蔵庫もOK)

終わり。というのも身のない話ですから、その理由や豆・粉の保管方法について後述していきます。

コーヒードリップをするようになって、コーヒーの保管方法が気になっているかたは参考に読んでみてください。

関連ハンドドリップに変えたらコーヒーブレイクがゆったり

スポンサーリンク

コーヒー豆は新鮮な状態が一番おいしい

コーヒーの美味しさは豆の新鮮さ

最初に保存方法のキーとなる、おいしいコーヒーの前提を知りましょう。

コーヒーは新鮮な豆を、挽いてすぐに淹れるのがおいしい

家庭で保管を考える場合、こまかな違いはさておいて、まずはシンプルに「コーヒー豆は新鮮なものがおいしい」と考えると良いです。

新しいものがおいしい。間をおくほど風味や味など何かしらが劣化していく。ですから、コーヒー豆の保管は、新鮮さを保つために良い保管方法をとります。

コーヒー豆の劣化の要因は?

コーヒーの劣化要因

コーヒー豆の味わいや風味を劣化させる要因は、主にこれ。

  • 光に当てると味が落ちる
  • 温度が高いと劣化スピードが早まる
  • 空気に当てると香りが抜けていく(酸化も起こる)
  • 湿度があると水分によって味が落ちる

つまり、日の当たる室内にそのまま裸で置いておくのはダメです。

乾燥した冷暗所で保管するのがベスト。家庭で考えると..そうです、冷凍庫(冷蔵庫)が一番となります。

家庭では焙煎された豆か、それを挽いた粉を購入する場合が多いと思いますので、その保管についてご紹介します。

家庭でのコーヒー豆・粉の保管方法

01コーヒー豆の保管方法

コーヒー豆の方が粉よりも保管がききます。
買ったばかりの新鮮な豆なら、冷蔵庫で保管できます。1、2週間は美味しく飲めるでしょう。

長期保存するなら冷凍庫で保存すると良いです。3ヶ月くらいもちますよ(多少香りは落ちる)。

冷凍庫から取り出したときに、常温に長くさらすと室温や水滴で劣化しますので、使う分だけ出してすぐ冷凍庫に戻しましょう。

02コーヒー粉は豆よりも劣化が早い

コーヒー豆を挽いた粉。
ご家庭だと粉で購入する方が多いかもしれません。私も粉をよく買います。

豆を挽き粉にすると劣化スピードが急速に上がります

基本的には冷凍庫で保存すると良いです。

保存期間は長くて1ヶ月くらい。粉で購入した場合は、長期保存は考えずに早めに飲みきる方がいいです。

日頃、よくコーヒーを飲むかたは、冷凍庫で保管してあれば、大体おいしいうちに飲み切れると思います。

スポンサーリンク

インテリアとしておしゃれに保存したい

わが家のコーヒーボトル

友人からの贈りもののカリタのボトル。私はこれに1週間分、豆を保存してディスプレイしています。

コーヒーの保存方法を知ると、豆を瓶に詰めてディスプレイするようなオシャレな保存の仕方をするのが不安になります。

  • 光が当たる
  • (冷蔵庫よりも)温度が高い
  • (冷蔵庫よりも)湿度が高い

この辺の劣化要因にさらすことになりますからね。

とはいえ次のようなポイントに気をつければ、おいしい状態を保てます。

  • 直射日光を避ける
  • 密封容器に詰める
  • 3、4週分だけ保管

冷蔵庫・冷凍庫保存よりも劣化は早まりますが、3週から4週間くらいなら密封して空気に触れないようにすれば十分保存できますよ。瓶のサイズもそれなりにできると思います。

直射日光の当たるような棚に置かず、できるなら暗めの場所にディスプレイするように配慮するといいです。キッチンまわりなんかいいですよね。

いつものコーヒー豆をディスプレイして生活の彩りを考えるのも素敵です。

家庭でのコーヒー豆・粉の保管方法まとめ

以上、コーヒー豆・粉の保管方法でした。

  1. 豆は基本冷凍庫(最大3ヶ月)
  2. 新鮮な豆は冷蔵庫OK(1,2週間)
  3. 粉は冷凍庫(最大1ヶ月)
  4. 豆のディスプレイも工夫したらいける

まとめるとこんな感じです。

おいしいコーヒーライフを楽しみましょう。

関連くらのら コーヒーの記事はこちら

シェアする
閉じる